よくあるご質問

よくあるご質問

>よくあるご質問

 

慰謝料の相場はいくらくらいですか?

離婚に至った原因によって慰謝料の金額が異なってきます。

 

相手が独身だと嘘をついていました。この場合、慰謝料を払わなくてはいけないのでしょうか。

浮気相手が独身だと嘘をつき、あなたが結婚していることを知らなかった場合は慰謝料を払う必要はありません。しかし、相手が既婚者であるということに気づいたり、知ることができる状況だった場合は、慰謝料請求が認められることもあるので注意が必要です。

 

慰謝料請求だけでなく、裁判も起こされてしまった

ステップ法律事務所では、慰謝料減額の交渉だけでなく、裁判になってしまった場合も最後まで担当の弁護士がサポートいたしますのでご安心ください。

 

メールの内容だけでも不倫の証拠といえるのでしょうか。

メールのやり取りだけでは不貞の証拠とはいえません。確実な証拠と言うのは、浮気現場の写真や動画です。しかし、メールのやり取りやカーナビの履歴、ホテルの領収書やクレジットカードの明細なども積み重なれば不貞の証拠になる可能性があります。

 

DV(暴力)が原因で慰謝料を請求されてしまいました。

DV(暴力)が原因で離婚となった場合も慰謝料を請求されることがあります。暴力に至った経緯、怪我の程度、暴力の回数などで慰謝料が変動します。身体的な暴力だけでなく、モラハラなどの精神的暴力によっても慰謝料を請求されることがあります。

 

浮気相手とは肉体関係がありません。それでも慰謝料を支払わなくてはいけないのですか?

慰謝料を請求されるかどうかは、肉体関係があったかどうかがポイントになります。一緒に食事をしていただけ、メールのやりとりをしていただけでは結婚生活を破綻させたとはいえないので、慰謝料を請求が認められる可能性は低いです。

お気軽にお電話ください


 
トップページ 依頼するメリット 弁護士費用 事務所概要 お問い合わせ