慰謝料を請求されたら

慰謝料を請求をされたら

>慰謝料を請求をされたら

 

慰謝料の請求をされた場合、すぐに解決できるケースもありますが、対応を間違ってしまうと裁判にまで発展してしまうこともあります。また、請求されている金額が増えてしまうこともあります。
そのため、慰謝料を請求されたらまずこちらで紹介することを行ないましょう。

 

内容証明郵便・通知などを放置しない

書類が届いた場合は無視しない当然のことですが、こういったものが届いた場合、放置することはおすすめしません。
慰謝料を請求されるということは、相手方はある程度証拠を掴み、覚悟を決めて連絡をしてきています。あなたがもしこれを放置したり無視をしてしまった場合、通知人が弁護士であれば話し合いもなくすぐに裁判を起こされてしまうかもしれません。
内容証明郵便や通知が届いたときは、まずは中身を確認してしかるべき対応をしましょう。ご自身で対応されて問題が悪化する前に、すぐに弁護士に依頼されることをおすすめします。

 

 

必ず事実確認をする

不倫の事実を確認しましょう

内容証明郵便や通知が届いたら、記載されている内容を確認してください。相手方が浮気や不倫で慰謝料を請求してくるということは、ある程度証拠が揃っている可能性があります。
しかし、あなたと相手方とで認識が食い違っていることもあります。
そのため、まずは書面に書かれている内容を確認し、慰謝料が高額すぎる・心当りがない・内容が事実と異なるといった場合は、請求されたまま慰謝料を支払わない方がよいでしょう。

 

 

資金の準備をする

慰謝料の支払い準備を行なう

内容証明郵便に記載されている内容を認めて慰謝料を支払う場合、まとまったお金が必要になります。様々な事情によって慰謝料の金額は変わってきますので、最終的にいくらになるかという予想は難しいです。
しかし、一般的に見て不倫に対する慰謝料が10万円や20万円で済むことはまずありませんので、ある程度の資金は用意しておかなければなりません。

 

 

慰謝料を請求された場合、通知を無視したり、内容をよく確認しないまま言われたとおりに行動するのは危険です。

 

まずは内容を確認し、対処しきれないようであれば弁護士に依頼されるほうが確実に問題を解決することができます。
ステップ法律事務所では、慰謝料の減額交渉をベテランの弁護士が行ないますので、お一人ですべて行なうのが心配だという方は、今すぐ当事務所までお電話ください。

お気軽にお電話ください


 
トップページ 依頼するメリット 弁護士費用 事務所概要 お問い合わせ